羊水検査

羊水検査とは、羊水穿刺によって得られた羊水中の胎児細胞の染色体を調べる検査です。
羊水検査は、16-19週( 通常16-17週) で行っています。羊水検査による流産・破水というリスクは0.3%くらいといわれています。

羊水検査を受ける場合の手順

羊水検査を受けたい場合は受診時にその旨を医師にお伝えください。十分ご説明をさせて頂き、日程を決定して同意書を頂きます。

検査当日

超音波で胎盤や赤ちゃんの位置を良く確かめます。

お腹を消毒し、超音波で子宮内を観察しながら、細い針を刺して注射器で羊水をとります(約20ml程度)。羊水を撮れる最細の針を使っていますので通常よりも破水のリスクは少なくなります。またほとんどの方は痛いという感覚はないようです。

検査後はNSTというモニターをつけお腹の張りがないか、赤ちゃんが元気かを確認して帰宅して頂きます。

* 穿刺後感染防止のために抗生剤を3日間内服して頂きます。

約3週間後約3週間弱で結果が返ってきますので、この頃に当院で受診して頂きます。

羊水検査の費用(手技料):税別13万円(自費)
※但し、医療的行為が必要な場合は、別途料金がかかります。