クアトロテスト(母体血清マーカー検査)

クアトロテストとは、母体の血液中の4つのタンパクを調べて、ダウン症、18トリソミーの疑いが強いかどうかを確率であらわすものです。35歳でダウン症の子供さんを持つ確率である 295分の1 を基準に、ダウン症の確率が高いかどうかを計算する方法です。この方法で確率が低いと診断されても、ダウン症でないということにはなりません。また、ダウン症である確率が高いと出たからといってダウン症かどうかは羊水検査をしてみないとわかりません。ママの年齢による背景リスクが基本となり、血清マーカーの情報を入れて計算するため、高齢になればなるほど35歳の確率より当然高くなる可能性は上昇します。 また、染色体異常はダウン症、18トリソミー以外にも異常の種類はたくさんあります。羊水検査では染色体自体がはっきりするので、他の異常も検出されますがクアトロテストでは、ダウン症、18トリソミー、神経管閉鎖不全症以外の他の染色体異常については検出が不可能です。

費用:税別60,000円(自費)

結果は3週間弱で返ってきますので、この頃に当院で受診して頂きます。