【ピル外来】

最近のピルは、ホルモン含有量の低容量化により副作用もほとんどなくなりました。
避妊だけではなく、月経周期の安定や月経日のコントロール、月経困難、過多月経、月経前緊張症(PMS)、にきび等に有効な他、子宮体癌、卵巣癌、良性乳房疾患の予防効果もあります。
また、保険適応のピル(ルナベル・ヤーズ)は、子宮内膜症や生理痛などの治療目的で処方されます。

[低用量ピル]
トリキュラー28 1シート¥2,400(税別)
アンジュ28  1シート¥2,400(税別)

[緊急避妊ピル] 自費
プラノバール ¥12,000 (税別)
ノルレボ ¥18,000 (税別)
※ただし、時間外は初診料、問診料、事務手数料として別途¥6,000(税別)が、かかります。

※その他に初再診料、また必要に応じて検査・処置等行った場合、別途請求となります。
個々に方針・問題点等説明しております。お気軽にご相談下さい。

OC処方の手順における各ステップ別FAQ

OCの情報提供

(1)避妊効果

どのような作用で避妊できるのですか?
OCは排卵を抑制する。精子の子宮内への進入を阻止する、着床を阻止するなど多様な作用機序で避妊を可能にしている。
のんでいれば絶対に避妊しないのですか?
OCは正しい服用を続けている限り、ほぼ100%確実な避妊法である。
他の避妊法と比べてどうですか?
避妊法選択の理想条件とは、①避妊効果が確実、②費用がかからない、③副作用がない。仮に妊娠しても胎児に影響が及ばない、④性感を損ねない、⑤女性が主体的に使えるなどが挙げられる。この理想条件を完全に満たす避妊法はないが、使用する人の年齢、結婚の有無、子どもの数、経済力などを考慮して選択することになる。OCは、確実な避妊を望む人にとっては、最も理想的な避妊法といえる。
他にもっと良い避妊法はありませんか?
上述の理想条件を考慮して、人それぞれの立場で選択することになる。

(2)利点

避妊以外にどんな効果がありますか?
月経困難症、過多月経、月経前症候群の改善、月経周期の安定、乳腺良性腫瘍の予防、ニキビや鉄欠乏症貧血の改善などの効果がある。

(3)副作用

のみ始めの頃はどんな副作用が出ますか?
悪心、嘔吐、少量の出血が続く場合がある。しかし、このような症状は、2〜3周期でおさまる。
重い副作用はどんなものですか?
最も重い副作用としては、心筋梗塞、静脈血栓症などがあるが、日本人では稀である。
長くのむとがんになると聞いていますが?
OC服用者では、確立したものではないが乳がん・子宮頸がんなどのリスクが増加するという報告がある一方、卵巣がん、子宮体がんなどのリスクは減少する。

問診

OC問診チェックシートは、WHOのOC医学適用の判定に使用するので、正確に記入するように指導する。

OC服用の適否

WHOのOC医学適用基準を参考にして、OC服用に適否を判断する。適用不可のユーザーに対しても、OC処方の可能性を探るために再評価を行う。

診察・検査

(1)診察と検査

診察とは何をするのですか?
問診や血圧測定が行われる。
どんな場合に検査をしなければなりませんか?
医師が必要と認める場合のみ検査が行われる。
内診は必要ですか?
医師の判断により、必要に応じて行われる。

(2)検査のスケジュール

初診時と継続時の内容は違うのですか?
必要と、認められた場合には、それ以外の検査が行われることがある。
のみ始めた以降の検査の間隔は決まっていますか?
特に決められていない。

服薬指導

(1)OCの種類と特徴(一相性、三相性、21錠、28錠)

どんな種類がありますか?
一相性と三相性、また、プラセボのあるなしで21錠と28錠タイプがある。
私に合うタイプは?
服用を開始した後、不具合があればタイプを変更すればよい。
自分で選ぶことができますか?
原則としてできるが、施設によっては処方できるOCの種類に限りがある。

(2)選択したOCの服用方法

初めてのOCはいつからのむのですか?(Day1スタート/サンデースタート)?
月経開始7日以内であればいつから服用してもかまわない。ただし、服用開始が月経から5日を越えていないいない場合も、最初の7日間は他の避妊法を併用する。
月経開始後、1週間を超えたらのめないのですか?
原則としては次の月経が来るのを待つ。
のむ時間は?
自分の都合の良い、ほぼ一定の時刻に服用する。
のむ順序は?
指定された順番通り服用するのが原則。
のみ忘れた時はどうすればいいですか?
24時間以内であれば気付いた時点で一錠服用し、次は予定通りの時刻に服用する。24時間以上の服用忘れがあったとしても避妊以外の利点を考慮してOCの服用を続けるよう勤める。 ただし、7日間は他の避妊法を併用する。尚、のみ忘れに気付いた時点で、月経と同程度の出血があった場合は、新しいシートを開始する。

(3)服用中の注意事項

下痢や嘔吐があったときは、どうしたらいいですか?
一日に数回水様便がある場合には、OCの服用を続けながら、下痢の期間+7日間はコンドームなど他の避妊法を併用する。OCは多様な作用で避妊効果を維持しているので、OCの服用は続けたほうがよい。服用後2時間以内に嘔吐が起こるような場合には、翌日分のOCを服用し、以後も順次繰り上げて服用する。
他でもらった薬と一緒にのんでも問題ありませんか(併用)?
大部分の薬剤は併用が可能であるが、一部に併用問題があるので、主治医が判断する。
月経を遅らせたいのですが?
別のシートを用意し、三相性製剤であれば三相目と同じ色の錠剤(プラセボではない)を必要な日数分服用する。
月経を早めたいのですが?
最低14日分を服用する。次のOCについては7日間の休薬期間をおいてから服用する。

(4)OCを変更する場合の留意点

他のOCに変更することはできますか?
いつ、どのOCに変更してもよいが、原則はシート単位で考える。変更するときは7日間の休薬、あるいはプラセボの服用後に違う種類のOCの服用を開始する。
変更したときに注意することは何ですか?
低用量OCから低用量OCへの変更には特にない。中用量OCから低用量OCに変更する場合には、休薬なしに開始する。

(5)副作用に対する対処法

悪心・嘔吐が続いていますが?
OCの服用時間を検討し、胃の中に食物が残っている間に服用するか、牛乳などを一緒に飲む工夫をする。それでも改善しなければ、制吐剤を処方するか、3周期を超えても同様な症状が続く場合には、他のOCに変更する。
不正出血がおきましたが?
OC服用にあたって、もっとも頻繁に認められるのが少量の不正出血である。OC服用中であれば、これを異常と考えることなく、服用を続けるように勤める。仮に、異常と思われる出血があったら、服用を中止せずに、薬剤の変更などを考える。
体重が増えてきましたが?
OCの服用で体重増加を招くことがあるが、異常な増加を認めることは極めて稀である。OCとの関連が強く疑われた場合には、OCの種類を変更を変更する。
バストがはってきましたが?
OC服用初期には、一時的に乳房緊満感を訴えることがある。服用を継続することで軽減することが多いが、不快であればブラジャーの変更やコーヒー、紅茶などの減量などを指導する。これらの努力をしても改善せず不快でえあれば、OCの種類を変更するか、乳房緊満感を抑制する薬剤を使用することもできる。
時々頭痛がしますが?
ある特定の部位に集中する偏頭痛でなければ様子をみてもよい。また、鎮痛剤を服用してもよい。血圧を測定するなど、不安が消えなければOC服用を中止する。

処方

一度にたくさんの薬をもらうことはできますか?
OCは保険適応外の薬であるので、処方数に制限はないが、医師の判断により決められる。

フォローアップ

聞きたいことや相談があるときはどうすればいいですか?
原則として、医師、薬剤師に相談することを勤める。その他、OCを販売している製薬企業のお客様相談室も利用できることを伝える。

OC処方の必要性と利点の説明 ●OCをよく知らないユーザーの一般的な疑問点

副作用が多いと聞いていますが?
大部分の女性には、OC服用に伴う重大な副作用はない。
毎日のむのは面倒で、忘れそうです。
自分が服用忘れをしないと思われる行動と一致させる。 例えば、朝のトイレ、冷蔵庫の前に貼る、化粧ポーチに入れるなど、 一日に一度だけ服用すればいいことを伝える。
特定の相手もいないので、セックスする機会は少ないのですが?
妊娠はセックスの回数とは無関係に起きるので、確実な避妊法であるOCの重要性を強調する。 また、避妊効果以外に月経関連のトラブルにも有効であることを伝える。
コンドームで十分だと思っています。
コンドームの避妊効果が低いことを伝える。妊娠は女性のカラダにしか起こらないこと、 妊娠について男性は責任をとれないことを伝え、OCの意義を理解してもらう。
たばこを吸っているのですが?
35歳以上で1日15本以上の喫煙者はOC服用の禁忌であることを伝える。 喫煙者に対しても節煙、禁煙を勧め、OC服用の可能性を探る。
いろいろな検査や内診をしなければもらえないのですか?
OC服用にとって重要なのは十分な問診と血圧測定である。 医師が必要と認めた場合のみその他の診察と検査を行う。
避妊していることを相手や家族に知られたくないのですが?
医療機関には守秘義務があるので、仮に第三者からの問い合わせがあっても、 患者についての情報を伝えることはない。
他の病気で治療を受けていますが?
OC服用が適当でない疾患以外の場合には服用は十分可能である。 治療を受けている診療科にはOCを服用していることを伝えるよう指導する。
性病にも効きますか?
OCは性感染症予防にはならない。
年齢的にのめないと思っていますが?
月経のある間は、OCの服用は可能である。
費用もかなりかかるのですか?
1年間で見た場合、最も安価で各日な避妊法はOCである。
いつまでのめますか?また、のむのを止めたいときは、どうすればいいですか?
OC服用の目的があればいつまでものみ続けることが可能である。 また、いつ止めても問題はない。ただし、なるべくそのシートは服用を完了するよう勧める。