院長の本を読んで

Sさん
はじめての出産、子育てはわからないことだらけであっという目に時間だけが過ぎています。
娘の入園を機にこの本を読み“お母さんがまず幸せであること”という文章を目にしてなんとなく自信がつきました。
それと同時にこれだけ個人のことにも寄り添って不安や問題を一緒に考えてくれる病院は数多くないと思います。そんな方々と出会うことができ、心強く感じました。

Kさん
私は北條先生の想いに賛同です。「お母さんの幸せ、それは家族の幸せ」本当にそう思うからです。実際に母となった今それを実感する日々を送っているからです。私がハッピーな日は家族全員が笑顔で過ごしています。また笑顔で育児をすることで辛い時も毎日楽しく過ごせます。それから先生の考えている日本の虐待状況も、園の方針であれば、減っていくんではないかと思います。さらに先生の病院で子どもを産んで良かったと思いました。設備がいいだけではなく、産後のお母さんのケア、赤ちゃんの様子をしっかり見てくれるのでとても安心できました。
あいレディースで子どもを産むと他では産めないんじゃないかと逆に不安になりました(笑)先生がお産の時などに声を張りあげてるのも真剣で愛があるからなのかと思えてます笑笑♡
姉妹四人ともここで産めて良かったと全員そろったときに話しています!やはり母親となった今なによりも子が1番。この子が居るから頑張れる、といつもいつも思います。先生は院で産まれた子はみんな抱っこして元気かの様子もみてくれる他ではそこまでやらないので、そうやって考える、行動できるのも尊敬する1つです。
なんかゴチャゴチャ(久しぶりにこういうの書きます)で説明へたですいませんでしたがおわります。ハハ…

Mさん
本を読んで先生が本当にこどもが大好きだということが伝わりました。そして、お母さんが幸せでいることの大切さに気づかされました。
私は母子家庭で育ち、母もイライラしていることが多かったので、子どもながらに気を使って過ごしていました。母も自分自身のしあわせを考えることができたらいい関係が築けていたかもしれません。
今まだ娘は小さいですが、この子をしあわせにするために私もしあわせになろうと思いました。
私は他院で出産しましたが、あいレディースクリニックがいいなぁと思った所は、産後2週間健診を行っていることです。初めての妊娠、出産で近くに頼れる親もいなかったので、1ヵ月健診まで娘をちゃんと育てきれているのかと不安な日々を過ごしていました。
そんな時に信頼できる先生に話を聞けることはとても安心できると思います。それから、娘の健康診断で病院へ伺った時に、看護師さんと妊婦さんの仲が良く、妊婦さん同志も和気あいあいと話をしていたりして、いい病院だなぁと思いました。
この本をたくさんの人に読んでもらって、たくさんのお母さんにしあわせになってもらって、虐待やネグレクトがないどんな子供もしあわせになってほしいです。

Tさん
北條先生の本を読んで。感想。

この本を読んだときに、もっと早く出会いたかった!と感動し心を動かされました。北條先生が子供達の為にいろんな事をしているんだと知り、先生が沖縄にいてくれてうれしい、ありがとうの感謝の気持ちでいっぱいです。出産・子育て・貧困問題。子供達には大きな夢を持って幸せに生きてほしい、その為にはお母さんが幸せを感じてほしいと深く思いました。
私も2児の母になり、幸せですが、やっぱりつらく大変な時も沢山あります。でも「あいレディース」の先生とスタッフの皆がいると思うと大丈夫!!と心強く日々思います…
そう思うのは、入院の時、出産まで出産してからもお世話になっているからだと。いつも心からもてなしてくれるので本当に頼りにしています。
私の母も先生がいるから良かったね!もう安心さぁと言っていました。
出産にかかわらない人でも沢山の方に読んでもらいたいと思う一冊だと思います。きっと何か幸せになるヒントやきっかけになると思います。
北條先生、あいレディースクリニック、あいあい保育園のスタッフの皆さまお体に気をつけてこれからもがんばってください。いつもありがとうございます。